ダブルステニスの前衛のポジションや動き方を紹介します

ダブルステニスの前衛はどのような動きをしたらいいのでしょうか?コーチの言っていることをしているのに?と思ったときには、もう一度なぜその動きではないのかを確認してみましょう。

前衛で大切なのは、技術はもちろんですが相手にプレッシャーを与えたり狙いを狭めるなどの動きとなります。

ダブルステニスの前衛の役割や動き方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テニスのグリップサイズ(男性)はどのくらい?選び方について

男性の場合、テニスのグリップサイズはどのくらいのものが適しているのでしょうか?テニスの上達には自分に...

テニスの練習メニュー【ダブルス】でオススメなのはコチラ

ダブルステニスの練習メニューはどのようなことに力を入れたらいいのでしょうか?ダブルスの練習で...

テニスのグリップテープの種類と特徴。自分に合う上手な選び方

テニスを始めたばかりだと、グリップテープの種類の多さに驚く方も多いと思います。初心者だと、その違いも...

テニスのプロネーションの練習方法、打ち方のポイントをご紹介

テニスのプロネーションが身に付く練習方法を探していませんか?同じサーブでも、プロネーションをつか...

ダブルスの試合で勝ちたいときのテニスの練習方法を解説

テニスのダブルスの試合は、二人がコンビを組んで行う試合です。試合に勝つために、なにか良い練習方法はな...

ソフトテニスラケットの選び方とは?前衛後衛違いを紹介します

ソフトテニスのラケットはどのように選べばいいのでしょうか?前衛後衛違いにはどんなものがあるのでしょう...

ダブルステニスの戦術とは?前衛と後衛の動き方を紹介します

ダブルステニスに必要なものは、スキルと戦術です。ではどのような戦術が必要なのでしょうか?戦術...

初心者のためのテニスラケットのグリップサイズと選び方を解説

テニススクールに通うとなるとまずはラケット選びから始まりますが、グリップサイズをどのようにして決めれ...

テニスのプロネーション。コツは手首にあり!

テニスの上達に欠かせないのが『プロネーション』コツはやっぱり『手首をひねる角度』でしょう。...

テニス初心者でも上達する方法について知りたい

テニスを軽く趣味で始めようと思っていても、だんだん面白くなり、もっと上達したいと思う場合もあります。...

テニスの点数とは?ポイントルールについて紹介します

テニスの点数にはどのようなルールがあるのでしょうか?15の次は30なのに、30の次は45ではなく40...

ボレーが出来るようになりたい!テニスのボレーのコツやポイント

テニスのボレーをするときにはどのようなコツがいるのでしょうか?苦手意識からあまりボレーをしない、練習...

ソフトテニスのラケット、後衛の場合の選び方とポイント

ソフトテニスのラケットには種類がありますが、ポジションが後衛の場合はどのようなラケットを選ぶべきなの...

スポンサーリンク

ダブルステニスの前衛のポジションとは

初心者のダブルスでは後衛同士のラリーとなり、前衛の出番が殆ど無い場合が多く見受けられます。

特に前衛がいる必要が無いようにも思われて、自分が前衛になった場合には非常に居づらい感覚を味わったことがある方は多いのではないでしょうか。

前衛の役割

隙を見てボールを捕らえる以外に相手へのプレッシャーをかけることも重要な役割です。

どこにいたら良いのか分からない…という気持ちで居ると相手にもそれが分かり、前衛を気にすることなくのびのびとプレイさせる事になってしまいます。

まずは自信があるように構えて相手をしっかりと見据える事が大切

これだけでも相手にプレッシャーを与えることができます。
前衛の立ち位置としてはサービスラインの真ん中辺りが良いでしょう。

ダブルステニスの前衛の動き方

立ち居地を決めたら、ゲームが始まってからの動きについてです。

ペアがサーブをしたら、ボールが飛んだ方向に向かって少し前に出ます。

これにより相手に自分の存在を意識させることができるので、相手のプレッシャーが高まります。

次にはどう動いたらよいのか。

相手コートから飛んできたボールを捕らえることができずに、ペアに向かって行くと分かった瞬間に少し後ろに下がります。

ペアが打ち返したらそのボールの飛んだ方向へ少し前に出ます。

この動きを自身のある風体で繰り返していると、相手に「できる前衛が居る」というプレッシャーをかけることができ、充分に役割を果たしていることになります。

まずは、前衛は存在感を出す事が大切なのです。

ダブルステニスの前衛は相手の動きを見ながら判断しましょう

テニスは相手が打ったボールを打ち返すスポーツ。

テニスは常に相手の動きを見ていることが重要

ダブルスでは相手が二人居るので二人を見る事になりますが、実際に同時に二人を見ることはできません。

そこで、相手二人の位置を把握しておき、ペアの打ったボールの飛びに合わせてボールと打つ方の相手を見ることです。

具体的には、ペアの打ったボールが相手前衛に到達するまでの間には相手前衛を、そこを通過した場合には相手後衛を見ます。

しっかりと見ることにより相手にプレッシャーを与える事にもなります。

ペアの打った球が飛んだ方向に相手は移動するもので、ボールはその位置から打ち返されて飛んできます。

そのため、ペアが打ったボールが飛んだ方向の前方へ移動しておくと戻ってきたボールを捕らえやすく、相手が打ち返すコースを限定させることにも繋がります。

ダブルスの前衛はポーチが重要

ポーチに出るのはなかなか勇気がいるものです。
ポーチまで出てストレートを抜かれてしまったら…と思うと試合中一度もポーチへ出ないで終わる場合もあるでしょう。しかし、ポーチに出てこない前衛は相手にとってはプレーのしやすい状況を与えてしまいます。

上手くいかなくても、失敗してもポーチに出てくる前衛は守備範囲が広く、相手にプレッシャーを与えます

実際にポーチを決められるかどうかは別として、とにかく「ちょこちょことポーチに出る」ことがを心掛けましょう。

しかし、流石にどんなタイミングで出ても良いというものではありません。

ポーチに出るには相手がボールを打ってからでは間に合いません。

相手がボールを打つ前に出ます

そのためには相手の様子を見る事が重要で、ポイントは相手が万全の体制で打ち返せるかどうかです。

相手がしっかりと構えていて余裕の状態で打ち返せそうな場合は出てはいけません。相手が後ろに下がったりして身体が開いた状態になりそうなとき、相手が苦しい体勢で打ち返すことになるようなときに思い切ってポーチへ出ます。

相手がそれでもしっかりと打ち返してきたとしても「ポーチを決められるかもしれない前衛がいる」という存在感をしっかりと与えることができます。
これは相手にとっては大きなプレッシャーとなります。

ダブルステニスの前衛が取りにくいコースの対処方法

ダブルスでは、かなりの確立で決められてしまうコースがあります。

前衛の外側横ストレート

前衛が中央により過ぎているために外側横が開いてしまっている場合や、前衛がボレーのミスが多い場合によく狙われるコースです。

対策はペアが打った時にボールが飛び出した方向の前に出ること

ボールが飛んだ方向に相手は行きボールを打ち返します。そのため、ボールが飛んだ方向へ動く事により相手が打ち返して飛んでくるボールの範囲をカバーしやすくなります。

相手はこの前衛の外側横ストレートが一度決まると何度も狙ってくる場合があります。そんな場合にそれを恐れていると相手の思う壺です。相手の作戦を逆手にとってみましょう。

わざと恐れている様子で先にストレートを抜かれた時と同じ位置に立ちます。しかし、実際にはそのストレートが来ると考えてすぐに反応できるように心しておきます。

実際にそのコースにストレートが来た時にすかさず打ち返します。

先ほどと違い反応してきた前衛に対しては、相手はサイド同じコースを狙う事にためらいが生じる事でしょう。

テニスは心理作戦も重要

考えて策略を練った動きをしていると、相手はやりづらいものです。とにかくちょこちょこと動いて常に足を動かしているのも相手に大きなプレッシャーを与えることができます。前衛はプレッシャーをいかに相手に与えるのかを考えて動くと良い動きとなります。