ジョギングの正しいフォームと走り方・フォーム改善のメリット

ジョギングをするとすぐに疲れてしまう・うまく走ることができないという場合、走るときのフォームを見直して正しいフォームで走ると、走りやすくすることができます。

健康のことを考えて運動としてジョギングを取り入れたのであれば、どんな風に走ると良いのかを知って正しいフォームで走れるように心がけてみましょう。

ここでは、ジョギングをするときの正しいフォームと、フォームを改善するメリットについてお伝えします。

また、疲れないようにするには、呼吸方法も大切なポイント。改善点をチェックして、健康的にジョギングをしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体操と身長が低いのは関係なし!子供に体操を習わせるメリット

体操競技を見ていると身長が低い選手が多いのが目につきます。子供に体操をさせたいけど、身長が低くなって...

サドル交換時のサイズの選び方を詳しく解説!体に合う物を選ぼう

「ロードバイクに乗るとお尻が痛いからサドルを交換したい」という方もいるのではないでしょうか。自転...

ジョギング中のスマホ邪魔問題はこれで解消【便利アイテム】

ジョギング中にスマホを持って走りたいという方も多いと思います。そんな時に困るのが、スマホを収納する場...

女の子の習い事はスポーツ系がおすすめ、人気のスポーツをご紹介

女の子の習い事といえば、ピアノや書道などの芸術系が多いですが、スポーツ系の習い事も考えてはいかがでし...

フィジカルとメンタルとテクニカルを上げるには

フィジカル、メンタル、テクニカル、この3つは、トップを目指すアスリートにとっては不可欠なものと言われ...

社会人におすすめの習い事、スポーツ系5つの習い事をご紹介

社会人から習い事を始めるなら、スポーツや運動系の習い事を選んではいかがでしょうか。運動不足を...

オリンピックにおける日本の歴史について知りたい

オリンピックといえば、4年に一度開催される世界規模のスポーツの大会ですよね。何年も当たり前のよう...

ジョギング初心者の方におすすめなペースや1km走る速度の目安

ジョギングを始めたばかりの方だと、どのくらいのペースで走ったら良いのか、1km何分が目安になるのかな...

フィットネスクラブとジムの違い、長続きさせるコツなどについて

運動不足を解消させようと思ったら、フィットネスクラブやジムに通うという選択も良い方法です。しかし...

ジョギングを夏に行う場合の服装や走り方などについてご紹介

もし運動不足を感じていて、ジョギングを始めたいと思った時に、夏は服装に気をつけなくてはいけません。...

習い事でスポーツに取り組みたい大人におすすめなものは

仕事が終わった時間や、休みの日の時間を有効に使おうと思った時に、おすすめなのが習い事です。ここで...

スポーツ系の習い事で大人にこそおすすめしたい習い事と選び方

習い事といってもたくさんありますが、今回は大人にこそおすすめしたい、スポーツ系の習い事を厳選してみま...

ボクシングの練習をする方法や能力アップのコツなどについて

ボクシングは華やかに見えるスポーツですが、それを支える練習は、正直地味なものが多いです。コツコツ...

スポーツシューズの選び方やポイントなどについてご紹介

スポーツをする上で欠かせないのが、スポーツシューズです。その選び方を誤ると、十分な動きが出来なか...

社会人でスポーツを始めるのなら、こんなものがおすすめ

学生の時は盛んにスポーツに励んでいた人も、社会人になるとスポーツから遠のいてしまい、体がなまってしま...

スポンサーリンク

正しいジョギングフォームで走ることのメリット

ジョギングを始めてみようと、シューズやウェアを準備していざ走ってみると、思っていたのと違う…
続けられるか不安になってきた…という経験をした方も多いと思います。ジョギングはただ走っているとうように、簡単そうに見えますが実は気持ちよく長時間ジョギングするためのポイントがあります。

自分の走りやすいようにするのではなく正しいジョギングのフォームを取り入れることで様々なメリットもあります。

ケガの予防

ジョギングをする上で必要になるケガをしないということです。

せっかく始めたジョギングでケガをしてしまうと、仕事を休んだり、車が運転しにくくなったりと生活に影響してしまうことも。

また、ケガを理由に短期間でジョギングを終わらせてしまうということも。

正しいフォームでジョギングをすることでケガの予防にもなります。

自分の記録を伸ばす

ただ、闇雲にジョギングをするのではなく慣れてきたら自分のジョギングのタイムも気になってくると思います。

間違ったフォームをすることで疲れやすく長時間体力が続かないということもあります。
疲れにくいフォームを身につけることでジョギングを楽しむことにも繋がります。

ジョギングをするときの正しいフォーム・走るときの姿勢

ジョギングの正しいフォームをどこかで専門的に習うということは少ないと思います。しかし、正しく状態するためのポイントを改善することで走りやすく正しい姿勢でジョギングをすることができます。

背筋を伸ばす

意外に難しいのが姿勢を真っ直ぐに伸ばした状態をキープすることです。

疲れてきてしまうと、下を向いて背中が丸まってしまう方が多いです。

早く走ろうと思うよりは、背筋を真っ直ぐにするように意識して胸を張ってみましょう。

顎を引く

疲れてくると呼吸の乱れから顎の位置がバラバラになってしまうことがあります。

顎の位置も重要でフォームを正しく保つために気をつけなければなりません。

苦しくなってくると上を見上げてしまいたくなりますが、顎は引い状態をキープしましょう。

ジョギングの腕の振り方と肩を動かすときの正しいフォーム

次に腕の使い方について紹介します。

腕を振る動きも正しくジョギングをする上で必要なポイントとなります。

疲れてくると腕にいは気が回らずに忘れがちになってしまいますが、腕を振ることで体全体の動きをサポートして正しいフォームをキープしてくれます。

リラックス

力が入りすぎてしまことなく、腕をリラックスさせることが必要です。

指先に力を入れずに軽く握る程度にしましょう。

角度を意識する

腕の角度はだいたい90度を意識するのが良いとされています。

肩に力を入れずぎずに腕を90度位に曲げてみましょう。

肩まわり

力みすぎてしまうと特に肩まわり力が入り腕が振りづらくなってしまいます。

肩が凝ったり、腕が疲れてしまうという方は肩の使い方が間違っている場合もあります。
肩は力みすぎずリラックスした状態にしましょう。

着地するときの正しい足のフォームは?日本人に多いフォームと着地方法の決め方

ジョギングをする時に、足先のことを意識して走る方は少ないと思います。しかし、足先は体を支えている重要な役割を担っています。ジョギングをしていて、足を傷めてしまうと体の他の部分にまで影響してしまいます。自分が無理なくできる、足先の使い方、着地をしてみてください。

つま先の方からの着地

つま先から着地することは、自分の体の重さがつま先だけに集中して、かかる負担は大きくなります。

そのため、ケガのリスクも高くなってしまうことからあまりおすすめは出来ない方法です。

かかとの方で着地

この足の後方のかかとで着地する方法ですが、日本人の体のつくりに無理なくできる着地方法とされています。

ジョギングをする時に自然に足を運び着地しやすい方法です。

足全体での着地

足の裏全体で着地する方法でフラット着地とも言われています。

この方法は膝や足首への負担が少ないとされていますが、一方で難しくケガのリスクもあります。

体の全体の動き、使い方が意識しなくても出来るようになってから取り入れるのがおすすめです。

ジョギングのコツは呼吸方法にもある!呼吸するときのポイント

ジョギングを正しいフォームでするには、呼吸の方法もポイントとなります。自分流の呼吸方法でもジョギングをすることは可能だと思いますが、距離を伸ばしたり、記録を伸ばしたい、楽しくジョギングをしたいという方は是非呼吸の方法についても見直してみてください。

一定のリズムで

呼吸の深さは人それぞれ違いますが一定のリズムで呼吸をするのが良いとされています。
息を吸う回数、吐く回数を1回や2回というように試してみて自分に合ったリズムを探してみましょう。

深く呼吸をする

浅い呼吸を継続しようとすると最後の方まで体力が持たないことが多いです。

ジョギングをしながら、意識するのは慣れるまで時間がかかるかもしれませんが深く呼吸をするように意識してみましょう。