フィットネスクラブとジムの違い、長続きさせるコツなどについて

運動不足を解消させようと思ったら、フィットネスクラブやジムに通うという選択も良い方法です。
しかし、どちらに通おうかと悩んだ時に、それぞれの違いについて知る必要があります。
ここでは、フィットネスクラブとジムの違いや、それらに長く通うコツなどについてご紹介しますので、しっかり体を鍛えたいという方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジョギング初心者の方におすすめなペースや1km走る速度の目安

ジョギングを始めたばかりの方だと、どのくらいのペースで走ったら良いのか、1km何分が目安になるのかな...

フィジカルとメンタルとテクニカルを上げるには

フィジカル、メンタル、テクニカル、この3つは、トップを目指すアスリートにとっては不可欠なものと言われ...

オリンピックにおける日本の歴史について知りたい

オリンピックといえば、4年に一度開催される世界規模のスポーツの大会ですよね。何年も当たり前のよう...

ジョギングの正しいフォームと走り方・フォーム改善のメリット

ジョギングをするとすぐに疲れてしまう・うまく走ることができないという場合、走るときのフォームを見直し...

体操と身長が低いのは関係なし!子供に体操を習わせるメリット

体操競技を見ていると身長が低い選手が多いのが目につきます。子供に体操をさせたいけど、身長が低くなって...

社会人におすすめの習い事、スポーツ系5つの習い事をご紹介

社会人から習い事を始めるなら、スポーツや運動系の習い事を選んではいかがでしょうか。運動不足を...

ボクシングの練習をする方法や能力アップのコツなどについて

ボクシングは華やかに見えるスポーツですが、それを支える練習は、正直地味なものが多いです。コツコツ...

ジョギングの疲労回復に役立つ3つの知識と疲れを溜めない走り方

体を動かす機会が少ない方と感じる方は、定期的にジムに通ったり、ジョギングやランニングなど運動を日々の...

習い事でスポーツに取り組みたい大人におすすめなものは

仕事が終わった時間や、休みの日の時間を有効に使おうと思った時に、おすすめなのが習い事です。ここで...

ジョギング中のスマホ邪魔問題はこれで解消【便利アイテム】

ジョギング中にスマホを持って走りたいという方も多いと思います。そんな時に困るのが、スマホを収納する場...

サドル交換時のサイズの選び方を詳しく解説!体に合う物を選ぼう

「ロードバイクに乗るとお尻が痛いからサドルを交換したい」という方もいるのではないでしょうか。自転...

社会人でスポーツを始めるのなら、こんなものがおすすめ

学生の時は盛んにスポーツに励んでいた人も、社会人になるとスポーツから遠のいてしまい、体がなまってしま...

女の子の習い事はスポーツ系がおすすめ、人気のスポーツをご紹介

女の子の習い事といえば、ピアノや書道などの芸術系が多いですが、スポーツ系の習い事も考えてはいかがでし...

スポーツ系の習い事で大人にこそおすすめしたい習い事と選び方

習い事といってもたくさんありますが、今回は大人にこそおすすめしたい、スポーツ系の習い事を厳選してみま...

ジョギングを夏に行う場合の服装や走り方などについてご紹介

もし運動不足を感じていて、ジョギングを始めたいと思った時に、夏は服装に気をつけなくてはいけません。...

スポンサーリンク

フィットネスクラブとジムの違いをご紹介します

スポーツジムは「ジム」と省略されて呼ばれているもの

筋肉を鍛えるトレーニングやランニングなどを行います。

トレーニングしたい筋肉にあわせて、それぞれに特化したマシンを選び体を動かしていきます

ダイエット目的でジムに通っている人も多くいますが、筋肉トレーニングをしたい、ムキムキになりたい、運動不足を解消したい、など様々な目的で通われる施設です。

ジムは自治体にもよりますが市区町村が運営しているものもあります。

公営のジムは1回いくらという金額が決まっており、ジムで運動する前に支払います。金額も自治体によって様々ですが、300円前後が多いようです。

フィットネスクラブは、プールやスタジオがあるスポーツジム

スポーツジムの筋肉トレーニングに加え、より体全体を動かすことの出来る設備が入った施設です。

スポーツジムの設備も整っていますので、筋肉トレーニングをする目的で通う人はもちろんのこと、ヨガのレッスンを受けたり、エアロビクスやアクアビクスなどを習うことが出来る施設もあります。

パーソナルトレーニングといって、専属でトレーナーさんにお願いしてトレーニングをすることも可能です。

入会金と月謝がかかるフィットネスジムがほとんどですが、たくさんの設備を利用できるためお得に感じますね。

フィットネスクラブやジムが長続きする人としない人の違い

家や会社から近い場所を選ぶ

出来れば、家から近い場所を選ぶといいです。
会社が近いと通いやすいですが、精神的に疲れてしまっているような休日でも会社方面へむかってしまうことになります。
休日のリフレッシュもかねて、家から近い場所を選ぶようにしましょう。

決まった時間を取る

スケジュールに予定を書き込んでおくことで、毎週しっかりと通うことが出来ます。
義務化しておくことで気合が入り、気が向いたらいくという曖昧な考えをなくすことで、継続できます。

目標を持つ

「いつまでにこうなりたい」という明確な目標を持つことによって、結果が大きく変わってきます。
ただ単純にジムに通って体を動かしているだけでは、同じことに繰り返しで飽きてきてしまいます。
目標を定めて、クリアしたらまた次の目標を立てましょう。反対に長続きしない人で多いのは、目標がない場合や、誰かと一緒に通うことを目的としている人などです。

フィットネスクラブやジムを長続きさせるには、ウェアの違いもある

ラフな格好で運動するイメージのジムですが、そこに普通の半袖短ズボンで行くより、自分の気に入ったメーカーやデザインのものを着用したいなと思いませんか?

初期投資として是非気に入ったスポーツウェアを購入してみてください

気に入ったウェアで運動するようになると、気分もモチベーションも上がりますよ。

普段から着られるようなウェアもありますので、スポーツショップなどに足を運んでみてください。

フィットネスクラブやジムに長く通うなら、他の人と仲良くしないこと

ここがとても大切なポイントなのですが、スポーツジムでは自分でメニューを決めます。
最初から最後までひとりでおこなうので、あまり人間関係が構築される場所ではありませんよね。

フィットネスクラブには教室などがあります

その教室には、毎週決まった時間に、同じ教室に通っている人、もちろん自分も教室に通うとなるとその中の一人ですよね。

そうなったときに、毎回「はじめまして」ではなく「こんにちは」にかわっていきます。
こうなると、もう顔見知りです。
そこから声をかけられるようになったり、聞きたくないほかの人たちの人間関係を聞かされてしまったりして、通いにくくなる場合があります。

長く通い続けることを考えれば、教室へ通ったとしてもなるべく他の人と関わらないようにするのがベストです。「でもやっぱり一人では続く気がしないし…」と思うのであれば、パーソナルトレーニングを申し込んでみるといいでしょう。

パーソナルトレーニングは、トレーナーさんが専属で付いてくれてトレーニングマシンの使い方や鍛え方を教えてもらうことが出来ますし、回数を数えてくれたり、きついところでかけ声をかけてくれたりと、励みになりますよ。

フィットネスクラブやジムでの出会いを求めている人へのアドバイス

フィットネスクラブやスポーツジムで出会える可能性はとても低いです。

ジムに通っている人は鍛えたり目標を持って通っている人が多いので、どちらかといえば話しかけられたくないという人のほうが多いです。

ですが、こちらから頑張っている姿に好意を寄せることは自由なので、もしいいなと思う方がいるのであればその人と同じ曜日や時間に、トレーニングすると話すきっかけが生まれたりするかも知れませんね。