ジョギング初心者の方が距離を伸ばすために必要な事と注意点

ジョギングを始めると走ることが楽しくなり、もっと距離を伸ばしたいと思い始めます。

しかし簡単には伸ばす事が難しく壁にぶち当たってしまうこともあるのでしょう。そしてなぜ距離を伸ばせないのかと悩みを抱えてしまいます。

ここではそんなお悩みに対し、距離を伸ばすためにまず大事なこと、また注意点についてもご紹介をいたします。また無理なく続けることができるスロージョギングについても紹介をいたしますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

10kmマラソンに挑戦!初心者におすすめの練習方法と走り方

地域で開催されるマラソン大会への出場を目標に、マラソンを始める方も多いと思います。今回は、10k...

スロージョギングは効果なし?正しいやり方のコツと注意点を紹介

スロージョギングをしても効果なしと感じているあなた。そのスロージョギングのやり方を少し変えるだけ...

ジョギングを続けるコツとは?モチベーションを保つ方法

ジョギングを初めても三日坊主で終わってしまう、という方も多いのではないでしょうか。ジョギングを続...

ウォーキングとジョギングの違いを徹底比較、唯一同じ点はひとつ

ウォーキングとジョギングの違いは歩くと走るだけの違いでしょ?と言ってしまいがちですが、もう少し掘り下...

ハーフマラソンはトレーニングをすると初心者でも十分完走出来る

マラソンと聞くと、42.195kmのフルマラソンを想像する人が多いかと思います。マラソンの定番で...

10キロマラソンの練習方法・走るフォームとトレーニング方法

10キロマラソンを走る時、前回の自分のタイムよりも更に早いタイムで走りたいと考えた時は、練習方法を考...

【ハーフマラソン練習方法】初心者におすすめのトレーニング例

ランニングを始めるに当たって、「どうせ始めるなら大会出場を目指したい」という目標を持つ若い女性もいる...

マラソン大会の前日の食事次第でパフォーマンスが変わる

大会を目標に掲げてマラソンの練習をしている人であれば、大会当日には今までの練習の成果をしっかりと発揮...

ジョギング初心者は膝に注意!原因と対策を知り健康に走ろう

健康を維持するため。気分転換の一つとして。ダイエットのため。ジョギングを始める理由は人そ...

ジョギングとランニング、ウォーキングの違いを知る方法をご紹介

ジョギングとランニング、ウォーキングの違いを話すことはできますか?ウォーキングについては明らかな違い...

ジョギング初心者の方が快適に走るためのウェアの選び方

日頃の運動不足が気になり、ジョギングを始めてみたいという方も多いと思います。ジョギングを始めるには、...

ジョギングは毎日しないと効果なし?初心者にすすめる頻度と方法

体力づくりやダイエットに効果的なジョギング。朝や夕方の空いた時間を活用して、ジョギングで自分磨き...

10キロマラソンをなるべく早いタイムで走り切る練習メニュー

趣味や運動の一環でマラソンをしている人の中には、時々大会に出場して日々のランニングの成果を試している...

ハーフマラソンのトレーニングは2ヶ月でも完走を目指せる

ハーフマラソンに挑戦する人がいますが、安易な考えで望むのはやめましょう。ハーフマラソン初心者は最...

30分ウォーキングで得られる効果とウォーキングの正しいやり方

ウォーキングは体に良いと言われていますが、一体何がどの様に良いのでしょうか。ここではウォーキ...

スポンサーリンク

ジョギングの距離を伸ばすためには体力を付けることが大事

普段車に乗ることが多かったり、移動は電車やバス、また上の階へ登る時はエレベーターなど足を使うことが少なくはないでしょうか?ジョギングを始める前に歩くことを意識し足を慣れさせてみましょう。

ジョギング用の靴に慣れましょう

普段履いている靴はどのような形状でどんな重さでしょうか、ジョギング以外のときは先が細く圧迫がある靴ではないでしょうか?日中の生活が靴を履いていることが多い時は普段からジョギングで使っているような軽く、底にクッション性がある靴に履いて歩く事に慣れてみましょう。

1日の歩数を増やしましょう

仕事や普段の生活でも歩く機会を増やしてみましょう。電車で通勤の時は少し早く起きて会社の一駅前で降りて歩いて行ったり、休日の買い物へ行く時も大型ショッピングセンターに行き予定のお店よりも少し離れた入り口から入り歩数を増やしたり、買い物後負荷がかかった状態で歩きながら帰ったりして5000歩~6000歩を目標に増やしてみましょう。

ジョギングで通る予定の道を歩いてみましょう。

ジョギングコースを確認するためにも歩いてみましょう。それまで走っていたコースがあるならそのコースでもいいのですが、体力をつけるために新たなコースを発掘しウォーキングを行ってみるのもいいでしょう。

地面の足にかかる負担や距離、車通りなど確認しながら歩きましょう。

ジョギングで距離を伸ばすためには毎日走る

長い距離をジョギングで走っていると気持ちが良いのでしょう。しかし急に無理をしていつもよりも長く走ってしまっては体に負担がかかります。健康な状態で距離を伸ばすにはどのような方法があるのか紹介いたします。

人と比較しない

ジョギングで同じコースを同じ時間に走っていると、いつも会う人がいるのではないでしょうか?そして会う回数が増えれば挨拶を交わしたり、ジョギングの話をしたりすることもあるでしょう。

同じ志を持った仲間が増えると表立っては出さないけれど、内心負けたくない、先に走りたいなどという気持ちが出てくるものです。

しかし競いあって自分の体力にそぐわないスピードを出してしまうと体に負担がかかり距離を伸ばすことが出来なくなってしまいます。人と比較しない心を持って自分のペースを保ったまま走りましょう。

少しずつ距離を増やしていく

自分の限界を知ろうと目標としている距離を急に達成するのは難しいのに挑戦したくなってしまう時がないでしょうか?私は結果をすぐに知りたく無理をして挫折してしまったことが多々あります。ジョギングも同様、無理をしてしまうと足が筋肉痛、また靴ずれなど負担がかかってしまいます。あまり無理の無い距離を少しずつ増やし体の機能を上げていくと長く続けられるでしょう。

毎日ジョギングをする

結果は一日では出ません。そのためには毎日ジョギングをして体を作っていく必要があります。毎日少しでもジョギングする事で必要な筋肉がついて、ジョギングの距離を伸ばすために必要な強い筋肉に変わっていくのです。

天候や体調などで出来ないときは無理をせずしっかり回復に努めましょう。

ジョギング初心者の目標の目安

ジョギングをはじめたばかりの人にとっては距離感もまたその距離を走ってもどのくらい体力がもつのかわからないものです。どの様に体を慣れさせていくと良いのか考えていきましょう。

ジョギングをはじめて間もない頃

普段あまり歩かない、運動もしていないという人はまずは筋肉をつけましょう。移動に車やエレベーター、エスカレーターなどを使っている人は徐々に足での移動を心がけてみましょう。全部一気に変更する必要はありません。少しずつ増やしていくと体力がついていくことを体感することが出来ます。

ウォーキングで足の筋肉をつけましょう

ジョギングは難しくても、同じ距離をウォーキングなら歩くことができるものです。走ったときとは違いますが筋肉痛にもなりますし、とても疲れます。散歩のように歩いたり、それに慣れたら姿勢や呼吸を意識したウォーキングに変えてみましょう。徐々にスピードを上げて心拍数を鍛えていくのもいいでしょう。

目標は5キロ

普段の歩数を意識した生活や、ウォーキングで体力、筋肉がついたらジョギングでの距離の目標を決めて走ってみましょう。5キロという目標はウォーキングでも歩き方によっては60分程度、ジョギングとなるともう少し時間はかかりません。スピードよりも目標の距離に達成する意識だけを持って自分のペースで走ってみましょう。

距離を伸ばすために無理はしていないか?ジョギングを振り返ってみる

少しでも距離を伸ばすことが出来たら、どんどん走り進めてしまうジョギング。精神的にも自信がついて走っていると自分では気付かない変化がある事も…振り返って確認してみましょう。

体への負担

走っているときは楽しくて痛みを感じなかったり、走り終わった日の夜にじわじわとだるさや痛みを感じる箇所はないでしょうか?ふくらはぎや足先、足首、股関節など痛い場合は無理がかかっているのでしょう。しっかりとストレッチでのばし、湯船に浸かって温めてケアをしましょう。

無理はせず、負担の少ない運動や、ウォーキングなどにして体をいたわりましょう。

食べ物はしっかり摂る

ジョギングだけに関わらず、激しい運動やウォーキング後は体の疲れと同様に胃腸も疲れていて食事を受け付けないこともあります。無理して食べる必要もありませんが、そのまま食べないまま就寝してしまうと、体力が落ちてしまいます。食べられるものをしっかり食べて体を作っていきましょう。どんな状況でも水分補給だけはしっかり行いましょう。

折り返しも考えましょう

楽しくてついついジョギングしていると、家に帰ることを忘れて走ってしまうこともあるでしょう。帰りまでの距離もしっかり考えて走りましょう。

ジョギングがキツイ場合はスロージョギングもおすすめ

ウォーキングよりも体に負荷はかかるけれど、ジョギングよりは息が上がらず自分のペースで出来るスロージョギングはどのような方法で行うといいのでしょう。

歩数、歩幅

カウントしながら一定のリズムで歩きましょう。2秒で4歩くらいを目標に歩いてみましょう。その時あまり大きな歩幅ではなく自分の足のつま先にかかとが来るくらいの歩幅を意識して行いましょう。

会話が出来て、周辺の確認も出来る

隣の人との会話が可能です。そのくらいの息の上がり具合で、周辺の確認や景色を楽しむことも出来ます。スロージョギングをする場所によっては楽しみながら運動することが出来るのです。