ジョギングとランニング、ウォーキングの違いを知る方法をご紹介

ジョギングとランニング、ウォーキングの違いを話すことはできますか?ウォーキングについては明らかな違いがあることがわかりますが、ジョギングとランニングとなると、違いや区別の仕方については、難しいと感じます。

ここでは、これから運動を始めようと思っている方は、ジョギングとランニング、ウォーキングを比べてみて、どれから始めると良いのか?明確にわかる違いについてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジョギングは毎日しないと効果なし?初心者にすすめる頻度と方法

体力づくりやダイエットに効果的なジョギング。朝や夕方の空いた時間を活用して、ジョギングで自分磨き...

10kmマラソンに挑戦!初心者におすすめの練習方法と走り方

地域で開催されるマラソン大会への出場を目標に、マラソンを始める方も多いと思います。今回は、10k...

10キロマラソンの練習方法・走るフォームとトレーニング方法

10キロマラソンを走る時、前回の自分のタイムよりも更に早いタイムで走りたいと考えた時は、練習方法を考...

5キロのマラソンを走る切るために必要な練習方法とポイント

マラソン初心者が目標にしたい距離は5キロ。この5キロの距離を走ることができれば、その先の10キロマラ...

ジョギング初心者は膝に注意!原因と対策を知り健康に走ろう

健康を維持するため。気分転換の一つとして。ダイエットのため。ジョギングを始める理由は人そ...

ジョギングは筋肉がつく?ジョギングでつく筋肉についてご紹介

走ったり歩いたり適度な運動を行うのは、健康にも良いことだと推奨されていますが、走ると足に筋肉がつくの...

ジョギング初心者の方が距離を伸ばすために必要な事と注意点

ジョギングを始めると走ることが楽しくなり、もっと距離を伸ばしたいと思い始めます。しかし簡単に...

ハーフマラソンのトレーニングは2ヶ月でも完走を目指せる

ハーフマラソンに挑戦する人がいますが、安易な考えで望むのはやめましょう。ハーフマラソン初心者は最...

【ハーフマラソン練習方法】初心者におすすめのトレーニング例

ランニングを始めるに当たって、「どうせ始めるなら大会出場を目指したい」という目標を持つ若い女性もいる...

マラソン大会の前日の食事次第でパフォーマンスが変わる

大会を目標に掲げてマラソンの練習をしている人であれば、大会当日には今までの練習の成果をしっかりと発揮...

30分ウォーキングで得られる効果とウォーキングの正しいやり方

ウォーキングは体に良いと言われていますが、一体何がどの様に良いのでしょうか。ここではウォーキ...

ジョギングを続けるコツとは?モチベーションを保つ方法

ジョギングを初めても三日坊主で終わってしまう、という方も多いのではないでしょうか。ジョギングを続...

ハーフマラソンはトレーニングをすると初心者でも十分完走出来る

マラソンと聞くと、42.195kmのフルマラソンを想像する人が多いかと思います。マラソンの定番で...

ウォーキングとジョギングの違いを徹底比較、唯一同じ点はひとつ

ウォーキングとジョギングの違いは歩くと走るだけの違いでしょ?と言ってしまいがちですが、もう少し掘り下...

10キロマラソンをなるべく早いタイムで走り切る練習メニュー

趣味や運動の一環でマラソンをしている人の中には、時々大会に出場して日々のランニングの成果を試している...

スポンサーリンク

ジョギングとランニング、ウォーキングの違いについて

ジョギングとランニング。同じものだと考えている方も多いかもしれませんが、実はそうではないのです。

ランニングは走ることを指し、ジョギングは「無理がないように」走ること

また、ランニングはタイムを計りできるだけタイムを縮めて行こうと頑張りますが、ジョギングは無理がないようなペースで走りますので、タイムはあまり意識しません。

そしてジョギング、ランニングに続きウォーキングもよく耳にしますが、これは理解している方も多いでしょう。その言葉の通り歩く事を指すので走ることはありません。

ジョギングとランニングの違いが理解できたところで、次は消費カロリーに違いがあるのかを見ていきましょう。

ジョギングとランニング、ウォーキングの消費カロリーの違い

ジョギングとランニング、ウォーキングを同じ人物が同じ時間行った場合、消費カロリーに差が出てくるようで、一番消費カロリーが多いのは想像通りランニングです。次いでジョギング、一番消費カロリーが少ないのがウォーキングという結果になりました。

ランニングのカロリーが多いというのは誰しも想像ができたかもしれません。

ランニングとウォーキングでは同じ時間でも400キロカロリー近く差がある

驚いてしまうことでしょう。

やはりのんびりと歩くウォーキングとは違い、腕を振って両足を地面から外すタイミングのあるランニングはかなりカロリーを消費してくれるようです。

ジョギングとランニングの違いは心拍数でも知ることが可能

自分が運動している際に、ランニングをしているのかジョギングをしているのか曖昧でよくわからない場合、自身の心拍数を用いた下記の計算式で知ることが出来ます。

ぱっと見難しい計算式に見えますが、心拍数さえ分かれば電卓などを使えば簡単に計算できますので早速やってみましょう。

(最大時の心拍数ー安静時の心拍数)✕目標係数(%)+安静時心拍数

計算式で知ることが出来ます。

最大時の心拍数は(220ー年齢)で出します

また、目標係数はジョギングは40%~60%。ランニングは60~80%当てはめるようにします。

例えば、40歳の方で安静時の心拍数が80だった場合。

  • ジョギング
    (220ー40)-80✕0.4~0.6+80
  • ランニング
    (220ー40)-80✕0.6~0.8+80

上のような式で出すことが出来ます。出た数値の心拍数で行うのが適切であるため、ジョギングを行いたい場合の適切な心拍数はどれくらいなのか。という時にも役に立ちますし、走っているときの心拍数を図って、今はこれくらいだからランニングなんだ。とどちらかが明確でない場合にも知ることが出来ます。

心拍数は自分の手首で測ることももちろん可能ですが、より正確に知りたい場合には心拍計を使うと良いでしょう。

これから運動を始める方はウォーキングから始めるのがおすすめ

はじめて本格的な運動をするという方は、ジョギングやランニングを始めるのではなく、まずはウォーキングから取り組むようにしましょう。

なぜかというと、第一に運動することに慣れていない方がいきなりハードルの高い「走る」という行為をするのは長続きしませんし、いきなりジョギングやランニングを始めてしまうと姿勢やフォームが悪くなってしまう可能性があるのです。

ウォーキングは呼吸法が大事

「2回吐いて一回吸うというの」を意識して行うことで普通に呼吸するより脂肪燃焼が期待できるのでおすすめです。そしてウォーキングを行った後はしっかりとストレッチして疲れを取るようにしましょう。

また、ジョギングやランニングと比べて、ウォーキングは脂質の消費量が多いと言われており、ただ歩いているだけで効果があるのかと不安になるかもしれませんが、続けることでしっかりと筋肉がついてきます。

まずはウォーキングで基礎的な体力を付けるとともに、歩く時の姿勢を整えてから徐々にジョギング、ランニングとステップアップしていくと良いでしょう。

スロージョギングについて

ウォーキングでは運動した気になれず物足りないという方は、スロージョギングをやってみてはどうでしょうか。

スロージョギングはゆっくりめに走る運動、一緒に走っている相手と普通に会話ができる位の速度

その為ウォーキングは物足りないけれど、ジョギングやウォーキングは少しハードルが高いという方には非常におすすめの方法です。
もちろんウォーキング時の消費カロリーより多くなりますし、なにより嬉しいのが疲労度はウォーキングをさほど変わらないというところです。

今紹介したスロージョギングやランニングなどはそれぞれメリットや違いがあります。自分の体調や個性に合せて使い分けて見ると良いかもしれません。