ジョギング初心者の方が快適に走るためのウェアの選び方

日頃の運動不足が気になり、ジョギングを始めてみたいという方も多いと思います。ジョギングを始めるには、普段着ているTシャツやジャージでも始めることはできますが、やはりジョギング用にウェアを準備するのがおすすめです。
そこで、ジョギング初心者の方が揃えておきたいジョギングウェアの選び方についてご紹介します。
スポーツ用品店に行くと、いろいろなウェアが並び、どれを選べが良いかわからないという方も多いと思います。まずは準備して欲しいものをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジョギングとランニング、ウォーキングの違いを知る方法をご紹介

ジョギングとランニング、ウォーキングの違いを話すことはできますか?ウォーキングについては明らかな違い...

10kmマラソンに挑戦!初心者におすすめの練習方法と走り方

地域で開催されるマラソン大会への出場を目標に、マラソンを始める方も多いと思います。今回は、10k...

10キロマラソンの練習方法・走るフォームとトレーニング方法

10キロマラソンを走る時、前回の自分のタイムよりも更に早いタイムで走りたいと考えた時は、練習方法を考...

ハーフマラソンはトレーニングをすると初心者でも十分完走出来る

マラソンと聞くと、42.195kmのフルマラソンを想像する人が多いかと思います。マラソンの定番で...

マラソン大会の前日の食事次第でパフォーマンスが変わる

大会を目標に掲げてマラソンの練習をしている人であれば、大会当日には今までの練習の成果をしっかりと発揮...

5キロのマラソンを走る切るために必要な練習方法とポイント

マラソン初心者が目標にしたい距離は5キロ。この5キロの距離を走ることができれば、その先の10キロマラ...

スロージョギングは効果なし?正しいやり方のコツと注意点を紹介

スロージョギングをしても効果なしと感じているあなた。そのスロージョギングのやり方を少し変えるだけ...

30分ウォーキングで得られる効果とウォーキングの正しいやり方

ウォーキングは体に良いと言われていますが、一体何がどの様に良いのでしょうか。ここではウォーキ...

10キロマラソンをなるべく早いタイムで走り切る練習メニュー

趣味や運動の一環でマラソンをしている人の中には、時々大会に出場して日々のランニングの成果を試している...

ジョギング初心者の方が距離を伸ばすために必要な事と注意点

ジョギングを始めると走ることが楽しくなり、もっと距離を伸ばしたいと思い始めます。しかし簡単に...

ジョギング初心者は膝に注意!原因と対策を知り健康に走ろう

健康を維持するため。気分転換の一つとして。ダイエットのため。ジョギングを始める理由は人そ...

ウォーキングとジョギングの違いを徹底比較、唯一同じ点はひとつ

ウォーキングとジョギングの違いは歩くと走るだけの違いでしょ?と言ってしまいがちですが、もう少し掘り下...

ジョギングは筋肉がつく?ジョギングでつく筋肉についてご紹介

走ったり歩いたり適度な運動を行うのは、健康にも良いことだと推奨されていますが、走ると足に筋肉がつくの...

ジョギングは毎日しないと効果なし?初心者にすすめる頻度と方法

体力づくりやダイエットに効果的なジョギング。朝や夕方の空いた時間を活用して、ジョギングで自分磨き...

ジョギングを続けるコツとは?モチベーションを保つ方法

ジョギングを初めても三日坊主で終わってしまう、という方も多いのではないでしょうか。ジョギングを続...

スポンサーリンク

ジョギングウェアの選び方、機能性Tシャツは必需品

ジョギングを始める時には、ジョギングウェアを揃えることから初めてみましょう。
ジョギングとはいえ走るだけなので特別な服はいらなそうですが、しっかりと揃えることで快適に走れ、継続しやすくなるのでこだわってみましょう。

ジョギングの際のTシャツは、汗をよく吸収し早く乾かしてくれる吸水性と速乾性の高い機能性Tシャツをおすすめします。

吸水性だけに注目するとコットン素材のTシャツでも十分汗を吸います。
しかし、吸っただけではいつまでも濡れたままで、運動してあたたまった体を反対に冷やしてしまうのです。
また、濡れたまま走り続けるのも気持ちがいいものではありませんし走るのを切り上げたくもなってしまいます。

速乾性が大切

速乾性があれば吸収した汗を早く乾かしてくれるので、いつでも気持ちがいい状態のまま走り続けることができるのです。

スポーツ用品店などにいくと、こういった機能を備えたTシャツがたくさん売っています。
この2つの機能の他にもUVカット機能などがついているものもあるので、こだわってみるのもいいでしょう。

ジョギングウェアのボトムスの選び方

Tシャツを選んだら次はボトムスです。
ボトムスはTシャツとは違い形やスタイルが多くあるので、どれが自分に適しているのか見極めましょう。

ボトムスを選ぶ時におすすめの素材はポリエステル

これは、通気性がいいので走っていても不快感が少ないです。

パンツタイプにする場合の選び方

パンツタイプは丈の長さが豊富です。
よく見る一部丈のような長さのものやハーフタイプ、七分タイプがあります。

どの長さが走りやすいのか人によって異なるのでできるだけ足が出ていたほうが走りやすい人はハーフやそれよりも短いものにするのがおすすめです。

タイツにする場合の選び方

一見ピッタリしていて、蒸れそうなタイツですが履いてみると通気性がよく走りやすいことが多いです。
タイツには機能や効果を持つものがあるのでそれらに注目して選んでみましょう。
履いた時にサポート感があるものなどがあるもの、速乾性のあるものなど注目点はたくさんあるので、店員さんに聞いて一緒に選んでもらうなどするといいでしょう。

また、ボトムスはサイズがきちんと合っているものなのかが大切です。
特にタイツは、普段が居ているものとサイズが変わることもあるので、できることなら試着すると失敗が少なくなります。

ジョギングウェアの選び方でデザイン性もモチベーションアップに効果的

ジョギングウエアは機能性や素材など選ぶ際に大切な事がありますが、自分のジョギングへのモチベーションをあげるためにはお気に入りのジョギングウェアをみつけることも大切です。

パット見て好きなデザインのものだったり、好きなブランド、派手な色などお気に入りになる要因は人それぞれです。

ジョギングをする時に「このウェアを着て走りたい」と思えることが1番

気分がのらなくて走りたくない日や、続ける自信がない時にもジョギングにいくことができるでしょう。

特にデザイン性の高いものは、着た時にテンションもあがりますし走っていても気持ちがいいものです。
男性であれば、基本はブラックにし、Tシャツのアクセントに派手なカラーの入っているものはとても目を引きますしかっこいいです。

また、細身でスッキリとしたシルエットのものもシャープでおしゃれです。
持っているものに買い足す時にはそれに似合うデザインなのかも考えることができるといいですね。

モチベーションはあげようと思ってあげれるものではないと思うので、身につけて走るランニングウェアに力を借りてみるのもいいですね。

ジョギングに適した靴下の選び方

ジョギングで忘れてはならないのが靴下です。
靴下にもいつも履いている靴下とは別にジョギング用の靴下も用意しましょう。

そういった靴下は、足にフィットしやすいことはもちろん足に起こる不快感を感じさせにくくなります。

靴をはいて走っていると、汗をかいて蒸れやすくなります。
結構靴下が蒸れると不快に感じ、ジョギングに集中しにくいです。

5本指の靴下がおすすめ

サッと履くことができないので、好きではない人も多いと思いますが蒸れにくい点と走りやすいという点でおすすめです。

どうしても5本指のものは苦手という人は、速乾性のいい靴下を選ぶといいでしょう。
臭いが気になる人は、抗菌防臭効果のある靴下も売られていますよ。

あとはやっぱりデザインやカラーです。
靴下は靴を履いているので、周りから見える部分は少ないです。

しかし、この靴下にもこだわることでおしゃれさが一気に増します。
例えば、ジョギングウェアのアクセントカラーと同系色の靴下にしたり、ブランドを揃えます。
それだけで簡単に統一感を出すことができます。
もしくは、靴紐と同じ色にするのもさりげないお揃いでかわいいです。

寒い季節のジョギングに準備しておきたいアイテム

ジョギングは寒い季節でもできるので、その季節に合わせて準備してほしいものもあります。

ウインドブレーカー

やはり冬などはTシャツ1枚では寒いです。
走り始めるまでは体もあたたまっていないので薄手のウインドブレーカーが便利です。

薄手ということがポイントで、走りはじめて暑くなったら脱いで畳んでしまっておけばいいのです。
この際も着た時の組み合わせを考えて選びます。

また、汗をかいたときのために、速乾性の高いものや通気性のいいものを選んでおくと安心です。

グローブ

グローブも寒い季節には必須です。
いい状態で走ることが大切なので、ジョギング用のグローブを用意します。
こういったものは薄手でありながら熱を留めてくれるので、走っていて邪魔に感じることも少ないですしおすすめです。

ネックウォーマー

首から入る冷たい空気は体を冷やしてしまいます。
そこでネックウォーマーです。
顔(鼻や口)を覆ってくれるので顔が冷たく感じることがなく快適です。
もちろん、それで走りづらいのであれば、シンプルに首だけを覆うタイプのネックウォーマーでもOKです。